PotencyCSTの効能

CSTのメカニズムと効能

CSTはアメリカのDr.ジョン・E・アプレジャーD.O.により始められた療法で、様々な機能障害や痛みに対して非常に優しいタッチで施術していきます。優しいタッチで行なうので、赤ちゃんからご年配の方まで幅広く施術することができます。

頭蓋と仙骨は硬膜によって連絡し独自の動きを持っており、CSTではその動きを「クラニオセイクラルリズム」と呼んでいます。またその機構を「クラニオセイクラルシステム」と呼び、このシステムを改善することにより、脳脊髄液の流れを促進し、中枢神経の働きを活性化します。また筋膜の制限を緩和し、血液やリンパ液の流れを改善し、免疫システム、人体のエネルギーシステムを高めます。

ここではCSTの仕組みと効能についてもう少し詳しく紹介していきます。

脳脊髄液と硬膜

脳と脊髄はそれぞれ、頭蓋骨と脊椎の中にあり、脳と脊髄を合わせて「中枢神経」と呼びます。この脳と脊髄は「硬膜(こうまく)」と呼ばれる膜で覆われています。「脳脊髄液(のうせきずいえき)」は硬膜の中、つまり脳と脊髄の周りを流れている液体で、次のような働きをしています。

脳脊髄液の役割
  1. 脳や脊髄を守る(クッションの役割)
  2. 脳や脊髄に栄養を送る
  3. 脳や脊髄の老廃物を運ぶ

脳脊髄液のリズム

脳脊髄液は上で紹介した働きをしており、硬膜の中を流れています。

そして脳脊髄液は作られたり吸収されるたびに圧力の変化によって一定のリズムを持ちます。そのリズムに合わせて、硬膜も動きます。

そしてこの動きは、硬膜だけではなく、頭蓋骨や仙骨、脊椎をも動かしており、その動きは全身に及びます。この動きは脈拍や呼吸の動きとはまた異なる動きで、これを「クラニオセイクラルリズム」といいます。脈拍や呼吸の動きがそうであるように、「クラニオセイクラルリズム」も命の働きとつながっていることは確かです。

クラニオセイクラルシステム

硬膜は頭蓋骨の内側や脊椎の一部、仙骨にくっついています。

そのため、「クラニオセイクラルリズム」は硬膜の付着部を通して人体の頭部側にも尾骨側にも伝わります。そしてその動きは全身に伝わります。この独自の動きのシステムを「クラニオセイクラルシステム」と呼びます。

CSTは頭蓋骨と仙骨を通じてこの硬膜にアプローチし、「クラニオセイクラルリズム」=脳脊髄液の流れを見ます。

そしてソフトで繊細なタッチを用いることで、体に対して非侵襲的な方法で「クラニオセイクラルシステム」を改善させるように促します。その結果、脳脊髄液の流れを促進し、そして中枢神経の働きを活性化させます。

また、施術の中で筋膜の制限を緩和し、血液やリンパ液の流れを改善します。

自然治癒力

体の各細胞は神経とつながっています。その結果、驚くことに各細胞が蓄えた記憶もまた、脳の記憶に影響を与えています。全身はつながり、お互いに交流し合っているのです。そして、人体の各細胞は病気の原因と体を治す方法を知っています。

例えば、指を切った時を思い出してみてください。適切な処置を行っても、その場ですぐさま傷が治るわけではありません。しかし、日が経つにつれ傷は癒され治っていきます。医療は適切な処置を行いますが、治すのは「その人の体」なのです。これを「自然治癒力」と言います。

脳脊髄液の流れが滞ると、脳や脊髄の栄養は送られにくく、老廃物はたまりやすくなります。全身は神経によってつながっているということは、中枢神経の働きが落ちると、神経の機能も低下し、それが自然治癒力の低下を招くことにつながるのです。

CSTの特徴

「クラニオセイクラルシステム」の評価と施術において、脳の硬膜が中心的役割を果たすという点がCSTと他の頭蓋骨技術との大きな違いです。

CSTのメカニズム

1、脳脊髄液の流れを整える

CSTはソフトで繊細なタッチを用いることで、「クラニオセイクラルシステム」を改善させるように促します。その結果、脳脊髄液の流れを促進します。

その結果、中枢神経の働きが整う

脳脊髄液の流れを整えた結果、脳脊髄液が脳や脊髄に栄養を送ったり、脳や脊髄の老廃物を運ぶ働きが促進されて、中枢神経の働きが整います。

その結果、末梢神経の働きが整う

中枢神経の働きが整った結果、中枢神経から出ている末梢神経の働きも整います。

その結果、自然治癒力が促進される

神経が整った結果、神経と交流する体の各細胞の働きも整えられ、自然治癒力が促進されます。

このような流れで、CSTは自然治癒力を促進するのです。

CSTについて

なお、CSTの効果や研究結果はアプレジャーインスティチュートジャパンのフェイスブックページにも掲載されています。

本からの紹介

ジョン・E・アプレジャー先生の書かれた本の一部を紹介します。なお、文中のクラニオセイクラルセラピーの文字は全てCSTに置き換えております。


CSTは、常に、全身のすべてのシステム内にある、液体の流れを改善する。そうすると、細胞への栄養供給が高まり、体組織から有害物や老廃物が除去され、免疫細胞の循環により、病気を引き起こす細菌やウイルスに対し、体に自然に備わった抵抗力が高まり、臓器や組織に新鮮な血液が運ばれ、脳脊髄液の流れが良くなる。

すべての組織や臓器に血液が良く流れることが健康に不可欠だと、ほとんどの読者は分かっていると思います。

新鮮な血液は、組織や臓器が生きていくのに必要な酸素や栄養素を運びます。血液は流れて、“あなた”という全体を生かすために働く組織や臓器に、必要な物を分配し、日々、時々刻々の活動で作り出された副産物や老廃物を、即、回収します。この血液の流れに乗って、免疫系の一部である血液細胞や、抗体などが運ばれます。免疫細胞や抗体は、私たちの体に侵入した、細菌、ウイルス、有害物などから、私たちを守ってくれます。血液の供給が良ければよいほど、免疫系の成分はより良く私たちを守れるのです。

血液の流れが良いということは、あなたの免疫システムがあなたの臓器や組織を効率よく監視できるということです。

CSTは、リンパ液の流れも良くします。

リンパ液というのは、黄色っぽい、かなり透明な液体で、からだのあらゆる部分の組織から集まってきます。リンパには、回収するための独自の管システムがあり、リンパ節というところを通ります。リンパ液システムは、免疫系の重要な要素で、感染や、感染をおこす細菌やウイルスによる有害な副産物をたくさん集めます。リンパ液は、血液システムに戻るまえに、フィルターの役目をするリンパ節を通り、ある程度浄化されます。

CSTは、リンパ液システムの活動を高めるのです。

血液が組織に到着すると、栄養素、酸素、抗体などの積荷が、血管から、“間質液”と呼ばれる体液に降ろされます。

間質液は細胞を浸しています。そして、これらすべての素材を個々の細胞に届ける、運び屋の役目もしています。

これらの素材は、必要に応じて、細胞に吸収されるのです。抗体は、ただ循環し、異物を探し出して中和します。免疫細胞の中には、細胞が化学物質やエネルギーのメッセージを出して助けを求めてこないかぎり、血管外に出ないものもあります。メッセージを受けると、血管から出て、好ましくない物質を攻撃し、殺します。ほかの免疫細胞は、常に血管外をパトロールしています。免疫細胞は、どの細胞が“自分”でどれが“自分でない”か、見極めるエキスパートなのです。この認識力は、細胞の表面にあるたんぱく質のマーカーを知ることで獲得されます。

間質液が循環し、細胞の中に入っていくと“細胞内液”と呼ばれることになります。

この液は細胞の内と外を行ったり来たりし、やがて、血液やリンパ液に戻っていきます。これらのシステムに戻るとき、老廃物、免疫細胞が消化(食菌)しきれなかった有害物のカス、それぞれの細胞からエネルギー製造時に出る副産物の炭酸ガスなどを運びます。

CSTは、この体液の動きも高めます。

明らかに、水自体は、体内の一般的な溶剤なのです。

水は心臓からポンプで送られ、大きい動脈から小さい動脈へと動いていきます。毛細血管を通り、細胞間の間隙スペースへと旅をします。細胞を出た水は間質液に入り、血液システムかリンパ・システムのどちらかに戻り、血液システムに入ります。そして、水は肝臓や腎臓を通り、旅の途中で集めた老廃物を捨てます。同時に、肝臓から抗体を拾い上げ、循環させます。水は脾臓に行き、より新鮮な抗体や免疫細胞を集めます。肺に行き、集めた炭酸ガスを捨て、酸素と交換した後組織に運びます。肝臓、胃、小腸に行った水は、栄養素を集めます。

水の役割をこのように簡単に述べただけでも、体が効率よく制御するために使う通常のコントロール・メカニズムは別にして、水溶液が、できるだけ制限なく動くことがどんなに大切か分かります。

どんな治療法でも、体液の動きを良くするものは、健康を増進すると言えるのです。そして、CSTは、まさにそのことをするのです。

CSTは、全般的に有効です。例外は、血管システムに損傷があり、出血の恐れがあるときだけです。

出典

  • クレニオ・セイクラル・セラピー ナチュラル・ヒーリングの試金石
  • ジョン・E・アプレジャーDO・OMM 著
  • 細山田 紀子 訳
  • たにぐち書店
  • ISBN978-4-925181-81-5
  • C3047¥2000E

メニュー

日常生活が今よりも健康で快適でいられるように構築された当院のメニューが様々な場面であなたをサポートします。

フェイスブック

  1. 2017.08.02

    動きと思考

  2. 2017.07.30

    夏休み

  3. 2017.07.29

    忘れる

  1. 登録されている記事はございません。
  1. 2017.07.17

    元気に妊娠、楽に出産

  2. 2017.07.14

    元気に妊娠、楽に出産

  3. 2017.07.04

    ほのぼの心のなごみ