書は言を尽くさず、言は意を尽くさず

泰の卦

「書は言を尽くさず、言は意を尽くさず」
易経の名言です。

書物は言葉を十分には表現できず、言葉は言わんとする心を十分には表現できない。

という意味です。

このことわざは「易」が文字や言葉では表現できないような奥深い意義を持っていることを述べた孔子の言葉ですが、易に限らず様々な場面でもよく感じる言葉です。

関連記事

  1. 頭の熱

  2. トランプを差し上げます

  3. 忘れる

  4. 混ぜると危険!

  5. 明けましておめでとうございます

  6. 1日1日体を養う