スーパーフィートの違い

スーパーフィートにはたくさんの種類があります。それぞれの製品にどんな違いが分かりにくいと思われる方もいらっしゃると思います。

そこでこの記事ではそれぞれの製品の違いについて紹介したいと思います。

かかとの部分の違い


写真は「トリムシリーズ」を束ねたものを後ろ側(かかと側)から撮影したものです。

よく見ると、かかと部分がそれぞれの製品で厚さが違うのがわかるでしょうか。

スーパーフィートの基本コンセプトは共通して「かかとの部分を調整して、動きを作り出す」ことです。
どの製品も基本性能に変わりはありませんが、このかかとの部分の厚さが違うことによって、向いている靴が変わったり、強制力に違いが出ます。

例えば、薄いタイプのものは、強制力がソフトで、また内容量が小さい靴にも向いています。
初めての方なら、薄いタイプからから始めるとトラブルも少なく、体に慣らしていくこともできます。

分厚いタイプのものですと、強制力が強く、ブーツなどの内容量が大きい靴に向いているといえます。

また、強制力は少し強めですが、内容量が小さい靴にも会いやすいタイプのものもあります。

つまり、靴の種類や使用する目的、足のタイプによって多様な種類から自分に合ったものを使えるように種類があるのです。

かかとの形状の違いの他に もう一つ スーパーフィートには特徴があります。
それが特殊なタイプのトップシートです。

トップシートの違い

スーパーフィートのトップシートには特殊な特徴を持つものがあります。

例えば、下の記事で紹介していますが、メモリーフォーム(形状記憶性能)を持つトップシートを持つものがあります。
これは使えば使うほど、自分の足の形に合わせて形状が変わっていくトップシートを持つスーパーフィートです。

その他にも、メリノウールを使用して足を温める性能を持つものや特殊な素材によって足を守ったり、汗をコントロールするものなどがあります。

足を温める性能を持つものなら、これからの寒い季節のブーツや作業靴に入れたり、登山・ウィンタースポーツで活躍します。

どれを選んでいいかわからない

とはいえ、たくさんありすぎてどれを選べばいいかわからない!
・・・とお困りの方もいらっしゃると思います。

例えば、当院ではスーパーフィートを入れる際に、ご予約を取っていただいております。

予約によって時間を確保し、持ってきていただいたお靴に、ご予算や目的に応じて、いくつかのタイプのスーパーフィートをご提案し、履き比べていただいたりするためです。

ひと手間かかりますが、履き心地を調べることもでき、より満足して使うことができます。
(実際に自分もこうやって自分に使うインソールを選んでいます)

取り扱い店舗によって在庫にも違いがあると思いますが、たくさんの種類のスーパーフィートの特徴を把握したスタッフと相談しながら、満足がいくように調整していくのが、スーパーフィートのいい所だと思います。

インターネットで種類ごとの特徴を知ることもできます。
気になるものなどの価格をある程度調べておき、ご相談していくとスムーズにご自分に合ったタイプのスーパーフィートを見つけることができると思います。

当院でのスーパーフィートのご予約はこちらから

ご予約は「予約システム」よりメニューを選択して「インソールの購入・調整」をお選びください。「インソールの購入・調整」は院長が担当しております。

スーパーフィートの製品の特長はこちらでご覧になれます。

関連記事

  1. メモリーフォーム(形状記憶性能)を持つインソール

  2. スーパーフィートサンダル OUTSIDE(アウトサイド)

  3. スーパーフィートOUTSIDE2(アウトサイド2)・女性用

  4. スーパーフィートの新シリーズの取り扱いを始めました

  5. 院長のサンダル体験記

  1. 2017.12.01

    12月

  2. 2017.11.25

    スーパーフィートの違い

  3. 2017.08.02

    動きと思考

  4. 2017.07.30

    夏休み

  5. 2017.07.29

    忘れる

  1. 2017.12.01

    12月

  2. 2017.11.25

    スーパーフィートの違い

  3. 2017.07.13

    スーパーフィートOUTSIDE2(アウトサイド2)・女性…

  1. 2017.07.17

    元気に妊娠、楽に出産

  2. 2017.07.14

    元気に妊娠、楽に出産

  3. 2017.07.04

    ほのぼの心のなごみ

  4. 2017.04.23

    1日1日体を養う

  5. 2017.01.04

    1日1日体を養う

フェイスブック