骨の絵


上の骨の絵ご覧ください。
体の使い方を学び始めてからこの絵を見てびっくりしました。

腕が長い! 手が大きい! 首が長い! などなど・・・

皆様はこの絵を見て、どんな風に感じましたか?

この絵は、アルビヌスが描いたものだそうです。
アルビヌスはドイツの解剖学者で、主著に人体骨格筋図譜というものがあります。
精巧な骨の絵というのはそれだけで勉強になります。

さて、あなたは自分の体をどのように感じていますか?
骨の絵のように思えますか?

実際はもっと腕が短いと思っていたり、足首がL字形だと思っていたりしていたりしませんか?

骨には筋肉がつきます。この筋肉の緊張によって、本来の長さよりも短く見積もって動いていませんか?

故障の予防や動きの改善、快適な生活のためには研究の余地があります。
じっくりと絵をご覧になってみてください。

良き日々を
清家雅裕


サービスの案内

総合的なサービスの案内はこちら

通常の施術についてはこちら
体のリズムを整え、より解放する施術はこちら
感情などの施術はこちら

インソールについてはこちら

思考のワークについてはこちら
体のワークについてはこちら
ワークの日程についてはお知らせに掲示されます

ご意見・ご感想はこちらまで

関連記事

  1. 不動の指

  2. 身体編のワークショップの報告(後編)

  3. キャシー先生2

  4. 健康

  5. 王様の耳はロバの耳

  6. 姿勢