キャシー先生2


昨日、来日されているキャシー先生のことをお話ししましたが、今日はその続きです。

少しレッスンに慣れ始めた2年目のことになります。キャシー先生のレッスン中にどうしても感情がざわついてしまい、たまらなくなりました。

「この場から逃れたい!」と感じるのです。

この不安と怒りは何だろう?と考え、その日は一番最後に「なんだかつらい」と発言しました。キャシー先生が私の横に座り、そっと腰に手を置きながら話を聞かれ、それでその日は何とかなりました。

こういった感情の混乱は色々なレッスンでも起こることがありました。

例えば、望まないでレッスンを受けたときにも起こりました。その時は自分への失望と怒りが原因でした。
ただ、レッスンによって原因に違いはありましたが、原因を特定することができ、感情の混乱はだんだんと無くなっていったのです。

でも、キャシー先生のレッスンではなぜかこの感情の混乱が起こります。今でも起きていることを分析しても自分にはわからないのです。

ここで、誤解のないようにお話ししておきたいのが、別にレッスン自体は問題ないのです。とても勉強になり、自分でも望んでその場にいるのです。ただ自分の中には途中から感情の混乱が渦巻くのです。

確信をもって言えるのは、「問題は先生ではなく、自分の中にあり、今の自分には原因がわからない。」ということです。

そんな中ですが、とても大切なことを今回のレッスンでは得られました。
「それは乗り越えたときに分かる」ということです。

縁あってこれを読む方の中には、原因がわからないでしんどい方もいらっしゃるかもしれません。
でも、それでも大丈夫なのです。

体は必要なことを知っています。そして必要に合わせて行動しているのです。この行動から学ぶことができたなら、原因や大切なことも少しずつ分かるようになるのです。

私にとってのキャシー先生とのレッスンがそうであるように、気づきは色々な所からある日突然に訪れます。

それまで、ときには問題の先送りも必要なことなのでしょう。

今はしんどくても、自分には必要な時間だったと考えると少しは気持ちが楽になりませんか?
私は少し楽になります。

ちなみに、写真はキャシー先生の書かれた本です。英語ですので無理せずゆっくり時間のあるときに脳に汗をかきながら読み進めています。

良き日々を
清家雅裕


サービスの案内

総合的なサービスの案内はこちら

通常の施術についてはこちら
体のリズムを整え、より解放する施術はこちら
感情などの施術はこちら

インソールについてはこちら

思考のワークについてはこちら
体のワークについてはこちら
ワークの日程についてはお知らせに掲示されます

ご意見・ご感想はこちらまで

関連記事

  1. 不動の指

  2. 七夕

  3. 意見

  4. 故障

  5. 体験

  6. 健康