合宿の話


5月のゴールデンウィークに私の学んでいる学校「ボディチャンス」の合宿に行きました。

合宿では海外から先生が来て、ボディチャンスの先生方と共にそれは多様な講座が開催され、自分の興味のある講座を選んで、学ぶというものです。
今年初参加の私は、なるべく自分のペースで受けられるように、何度も講座の冊子を読んで予定を立てました。

先生方の中にトミー・トンプソンという先生がいらしゃいました。ベテランの先生で、私の印象ではとても自分の深い所からお話をする先生です。

合宿中にそのトミー先生が私の横を通り過ぎたときの話です。

私は英語がとても苦手です。英語しか話さないトミー先生が通り過ぎたとき、一人で歩いていた私は無意識に少しトミー先生から離れて道を譲りました。
その時、突然トミー先生が大きく朗らかな声で話しかけてきたのです。

「とてもいい日だね!」(確かそのように話していたと思います)

その言葉で私はハッとさせられました。
言葉がわからないという理由で、自分は先生から遠ざかったことに気づかされたのです。

合宿中はたくさん考えさせられることがありましたが、この出来事もよく考えてみると、トミー先生は私とトミー先生のその場での関係が新しく建設的な関係になれる言葉と在り方で話しかけらたからこそ、私は自分自身のある面に気づかされたのだと思いました。

合宿の最後の日に、この合宿でお世話になった方を選んで、「ただ感謝の言葉を言う」と言う機会がありました。

私は、トミー先生にこの出来事をお話しし、感謝の言葉と握手をしました。
そして、新しい関係を一つ進めることができたのです。

もしも、あの時、何も話しかけられなかったら、私は自分自身に気づくこともなく、そして感謝の言葉を送る機会も無ければ、握手する機会もなかったのです。

もしも、難しい関係、苦手な関係に悩む方がいらっしゃったら、是非その時こそ、自分自身の深い在り方から新しく関係を作っていけるのだと言うことを思い出してください。
もちろん、自分自身との関係においても同じです。

難しく感じるかもしれませんが、きっと新たな関係への第一歩となる貴重な体験ができると思います。
そのために私の学びをシェアいたします。

(ちなみに写真は合宿の場所の森を撮りました。)

良き日々を
清家雅裕


トミー先生から教わった大事な教えもできうる限りシェアしていきます。このワークにご興味のある方は是非こちらからお知らせください。ワークショップやクラスについて開催時にお知らせいたします。また、ご感想もお待ちしております。

関連記事

  1. 過敏症の話

  2. 姿勢

  3. 様々なコミュニケーションと調和

  4. 動きと思考

  5. 七夕

  6. 自分へのワーク