六不治

病に六不治(りくふじ)あり

病気になって医師にかかっても治らない場合というのが
古典(史記)には記載されています。

一、驕り高ぶって勝手気ままに振る舞い、道理を無視すること
  (医師の言うことを聞かない)

二、身を軽んじ(病気を軽くみて)、財を重んじること
  (医療費をけちること)

三、衣服や食物が適当でないこと
  (季節に合わない服や食べ過ぎたりすること)

四、陰陽が臓腑で合併し、定まらないこと

五、身体がやせ衰えていて、薬を飲むことができないこと

六、巫女を信じて医者を信じないこと

※訳は「東洋医学者のためのハンドブック」より転載

の六つです。
結構、現代にもあてはまるものが多いことに驚かされます。

古代も現代もそう人は変わらないものなのでしょう。
陥らないように気をつけたいものです。

関連記事

  1. お知らせ

  2. 加湿器

  3. 歯の痛み

  4. 今月の本

  5. 股関節と腰痛

  6. 今月の本