身体編のワークショップの報告(後編)

骨格模型を使って説明中


昨日、ワークショップ「身体編の後編」を無事開催することができました。

ワークショップの始めには参加者の皆様の生活に沿った質問が活発にあり、参加後のアンケートも含めて参加者の学びたいという思いが伝わり、とても学ぶエネルギーが強いワークショップだったと思います。

骨格模型を見て動かしてみたり、図を参考に体で確認して動いてみたり、様々な方法で体と動きを確認していきました。

自分が初めてのレッスンに参加した際に、何よりも「楽しい!」と思ったのが、自分自身がどのように参加しても良いという「安心で安全な場」にいられたからだと思います。
学んでいる内容は、参加の仕方次第ではとても高度な体の使い方になるはずなのに、気安くその場にいられることが衝撃的でした。その日のレッスンが終了するたびに、いつの間にか頭や体をとても使っていたんだと気づかされることも多かったです。

ほんの少しでもそのような場を作るために、今回のワークショップでも出来るだけ場を作ることにも注力しました。

今回扱った「動き」は「骨と関節」を主に扱いましたが、「筋肉なども取り扱ってほしい」「引き続き学びたい」という声をお聞きし、開催して良かったと感謝しております。

私たちが行っている動きは、ほんの小さな動きでも、本当に多くの体の部分を含んだ、自分と世界が関わって起こる動きです。
それを、自分自身の中に再発見することはとても楽しい旅路で、多くの恩恵をもたらす旅でもあります。
これを縁あって読まれている皆様も、今の自分の動き(例えば、文章を読む)をあらためて考えてみてはいかがでしょうか?
何かの「気づき」が得られるかもしれません。

さて、当院では今回のワークショップの他にも、臨床の傍ら企画を立てております。
ホームページでも公開していきますのでお楽しみに!

参加者の皆様、あまりにも伝えたいことが多く、少々時間をオーバーしてごめんなさい!
今回で得られたことを活用したり復習してみてください。
私もそうでしたが、みなさんが、使ってみて初めて、ご自分のテーマに沿って発展させることができます。
是非、難しい顔ではなく、楽しんで取り組んでみてください。
ワークショップでお伝えした通り、いつでもご質問などをお待ちしております。

院長 清家 雅裕


ご希望があり、以下の日程でもワークショップを行うことが決定しました。
募集人数は限られております。ご興味がございましたらお早めにお申し込みください。
詳しい情報はこちらから

日程

・思考編
前編 2月28日(火) 10 時から(9時半受付)
後編 3月 7日(火) 10 時から(9時半受付)

・身体編
前編 3月14日(火) 10 時から(9時半受付)
後編 3月28日(火) 10 時から(9時半受付)

関連記事

  1. キャシー先生

  2. 身体編のワークショップの報告(前編)

  3. ぎっくり腰

  4. ワークショップの報告(前編)

  5. 体験

  6. 自分へのワーク