ワークショップの報告(前編)

ワークショップの説明中


当院での初ワークショップ、「思考編の前編」を開催いたしました。
天気も良く、無事開催できてほっとしています。

「思考編」は自分の望みや情熱を見出し、それを形にしながら、自分が心からやりたいと思うことを行うために、ワークしていく内容です。
今回のテーマである「もう繰り返さない! あなたの体に本当に必要なこと」にも沿わせつつ、お茶を飲んだりくつろぎながら、ワークを進めていく中で、

・自分が無意識に行っていたことが、ワークしている中で結びついた。
・参加した時には腰が痛かったが、なぜか治った。
・続きが気になる。
・知識も背景も違う方と話すのは楽しかった。

などなど、様々な感想が飛び出しました。

私にとって、このワークショップで取り扱う内容は、初めはとっつきにくかったのですが、いつの間にか考え方に大きな影響を受け、今では自然と使っているものです。

参加された方が、自分の望みを形にするだけではなく、いろいろな方と話をすることによって、発見や気づきが得られ、自分自身を深く知ったり、自分の中の迷いが明確になったりするなど、
本当の自分への探求の第一歩を踏み出していけます。

「思考編の後編」はさらに大事なキーワードを扱うことで、様々な見方が変わったり、より自分自身の生活に活用ができるように進めていきます。

本日、ご参加してくださった皆様、お疲れさまでした。

院長 清家雅裕

関連記事

  1. 意見

  2. 過敏症の話

  3. 縮みやすいところ

  4. ワークショップの報告(後編)

  5. 骨の絵

  6. 自分へのワーク