1日1日体を養う

0-58

良い事も悪い事もほどほどに

「物無美悪過則為災」
物事には良い悪いはないが、行き過ぎると災いになるという意味です。
良いと言われること、良いと思われることを積極的に取り入れることはいいと思いますが、過ぎると害になります。

  • ウォーキングが良いと言われているので1日3時間、毎日歩いて足を痛めた人がいます。
  • ゴマが体に良いといわれて、毎日たくさん取り入れたらゴマアレルギーになった人がいます。

悪いと言われること、悪いと思われることを全て排除せずとも、少し取り入れたくらいでは、体は許容してくれます。

  • 漢方の生薬の中には下薬といって多量に服用すると毒となるものがあります。色々な生薬と共に微量、配合することによって薬になります。
  • お酒を飲み過ぎて二日酔い、テレビに夢中で睡眠不足。次の日は辛いかもしれませんがたまにやるくらいでは、体は数日で回復します。
  • 紫外線を徹底的に避けていたらビタミンD不足になり骨粗鬆症になった人がいます。

良い事をがんばって、体をこわしてしまうのは悲しいことですし、悪い事だと思ってすべてを排除してしまって、ストレスをため、実は少し取り入れると良い事になるはずだったというのは残念な気がします。

良い事も悪い事もほどほどが一番です。

今日も元気と笑顔と共に・・・
亜紀

関連記事

  1. 今年もありがとうございました

  2. 今年もありがとうございました!

  3. 睡眠時間

  4. 変更点

  5. 親知らず

  6. 半夏生(はんげしょう)