元気に妊娠、楽に出産

心も体も余裕のある状態

人間という種から見れば、子孫繁栄のために子供を作ることはとても重要なことですが、一人の体として、妊娠はとても体力を消耗する作業になります。
例えば、月経は毎月、内膜や血液を排出して体に負担をかけています。これはひとえに子孫を残す準備をしているからです。

私たちの体はいろいろな器官や神経、ホルモン、血液などが複雑に関連して生命を維持しています。しかし、生殖機能は生命維持には直接的なかかわりはありません。

もし、私たちの体の機能が低下してきたとき、体は生殖機能を一番先にカットして生命を守ろうとします。
ですから、妊娠・出産は多少の負担をかけても大丈夫な状態、心も体も余裕のある状態が必要なのです。

自分に質問してみましょう

  • 定期的に運動をしていますか?
  • 睡眠時間は十分に取れていますか?
  • ゆったりと落ち着く時間はありますか?
  • あなたの心と体に余裕はありますか?

心も体も余裕のある状態に少しずつでもなっていきましょう。

少しずつでいいんです。
ほんの少し、一歩一歩進めていきましょう。

今日も元気と笑顔と共に・・・
亜紀

関連記事

  1. 移転作業2

  2. 混ぜると危険!

  3. 今年もありがとうございました

  4. モビールの写真

    クリスマスモビール

  5. 捻挫や打撲

  6. 明けましておめでとうございます