元気に妊娠、楽に出産

ふかふかベッドのお腹

温かく、ふかふかのベッドで寝るのは気持ち良いと思いませんか?
いつまでもゴロゴロとしていたくなります。

産まれる前の赤ちゃんにとってお母さんのお腹はいつもスヤスヤできるベッドです。
ならば、お腹の中を温かく、ふかふかのベッドで赤ちゃんにとって居心地の良い空間にしていきましょう。

妊婦は真夏でも田んぼに入れるな

昔の人は「妊婦は真夏でも田んぼに入れるな」
といって妊婦が冷えることを警戒していました。
妊婦に限らず、子供が欲しい方も冷えることは大敵です。
妊婦さん、子供が欲しい方、まずは体を冷やさないように工夫していきましょう。

冷え対策の例

冷たいものや体を冷やす食べ物を摂り過ぎないようにしましょう

例えば、夏野菜や生野菜は体を冷やすので火を通すなどの調理を工夫したり、温める食材(ネギやショウガなど)と組み合わせてみましょう。

エアコンの効いた部屋では、足が冷えないように靴下やレッグウォーマーを履くことをお勧めします

少しだけ対策をして、足元をあたためましょう。

手のひらで足や腰、お腹などをよくさすってみましょう

さするだけで、自分の冷えているところを感じたり、そこが温かくなっていくのがわかりますよ。気持ちもホッとします。

冷えを恐れ過ぎないようにしましょう

とはいえ、冷えを恐れ過ぎて、気持ちが冷え込むのも避けたいところです。極度に冷えを憎むと気持ちが冷えてしまいます。温かい気持ちは体を温めてくれます。

あなたにできることを一歩一歩行いましょう

冷え対策、できなくてもマイナスにはなりません。できればOK。
一歩一歩あなたにできることを行っていきましょう。

もちろん、当院も居心地のよいお腹づくりのお手伝いをしております。

今日も元気と笑顔と共に・・・
亜紀

関連記事

  1. 肩甲骨の動き

  2. トランプを差し上げます

  3. 開業7周年

  4. 10周年記念画像

    今年も無事に終わりました

  5. 半夏生(はんげしょう)

  6. 1日1日体を養う