1日1日体を養う

秋の風景

<秋の養生>

お盆も過ぎ、夕刻には少しひんやりとした風が吹いてきました。
暦の上ではもう秋です。

秋になると地球の気は引き締める方へと向かいます。
植物は内に気をため、実を結び、
動物は冬に備えてエネルギーを貯め込みます。
私たちの体も秋の気に影響されます。
秋の気に合わせて体も心も引き締めることが養生になります。

・適度に体を鍛える

冬に備え、体を丈夫にするため適度に運動しましょう。
秋のハイキングやウォーキングなどはいかがでしょうか?
しかし、秋に大汗をかくような過度の運動で外に気を発散させすぎてしまうと
冬に風邪などをひきやすくなってしまうので注意が必要です。

・酸味や渋味のもの、体をうるおす食材を摂りましょう

酸味や渋味のものは引き締める作用があります。
秋になると乾燥してくるので、うるおす食材もお勧めです。
果物やナッツ類が良いです。
秋は胃腸に負担がかかりやすい季節ですので、なんでも食べ過ぎには注意してください。

・気持ちも発散から安定へ

夏は発散させる季節でした。秋は日も短くなっていき、徐々に葉も落ち草も枯れていくためメランコリックな気持ちになりやすい季節です。心おだやかにゆったりとした気分で過ごすことが大切です。
秋の夜長にゆったりと読書もいいですね。

今日も元気と笑顔と共に・・・
亜紀

関連記事

  1. 夜食

  2. 開業8周年

  3. 夏休み

  4. 今年もありがとうございました!

  5. 養生とお灸の講座を行いました

  6. 1日1日体を養う