当院の後ろには大きなケヤキの木があります。
大家さんの庭に生えているそうで、根元にはお稲荷さんが祀ってあると大家さんから聞きました。
知っていれば、遠くからも見ることができるほど、立派な木です。

この木のおかげか、ウグイスの鳴き声や、セミの鳴き声、木々の音が施術中にも聞こえてくることがあり、室内にいながら自然を感じることができます。

疲れたときは、自然の音や視覚以外のものにも少し感覚を向けると、少し気分転換になります。
患者さんも落ち着いてくると、ウグイスの鳴き声などに耳が行くようになるようです。

ケヤキの木は施術室のベッドの内、一台の方からも見ることができ、「仰向けでいると木の葉が良く見える」と移転当初患者さんに教わって始めて気づきました。

青々とした葉が生えて行き、また散っていき、季節の移ろいを楽しめるので、先日大家さんに感謝を伝えたばかりです。

周りに目を向けることの良さを思い出させてくれる貴重な自然。
できれば、いつまでも残っていて欲しいと思います。

良き日々を
清家雅裕



ご意見、ご感想をお持ちの方は是非こちらからお知らせください。お待ちしております。